事務所の特徴

弊社は会計事務所であり、経営計画を中心にした経営コンサルティング事務所でもあります。
会計と経営の両面で専門性を発揮できるのが弊社の最大の特徴ですが、なぜそんなことが出来るのか少しお話しします。

会計事務所の現状

会計士・税理士は監査や確定申告という法定業務を独占的に行うことが出来ます。
それが、これまで会計士に対して有利な状況を作ってきました。

しかし、法定業務はお客様からすれば法律により義務付けられた「望まない業務」であることは否めません。

このような業務に胡坐をかいてきた会計士・税理士が現在のような厳しい状況に追いやられたのはある意味当然の帰結といえるでしょう。

もちろん一部の例外はあります。大手監査法人の幹部社員のように完成された組織をわが物にできる地位を勝ち得た人間、安定した事務所を親から相続した二代目のような人間です。

しかし、私のようなごく普通の会計士が生き残るには、法定業務の枠にとらわれず、自分の出来る全てを尽くすという強い覚悟をもって「お客様に喜んでもらえる業務の在り方」を追及する必要があると会社員時代からいつも考えていました。
他の仕事では当然なされていることです。

 

経営に直接貢献できる会計

独立してからの私は、一つの在り方として節税や事務作業の軽減だけではなく、もっと会社経営に直接貢献できる会計の在り方を模索し続けました。

そのために経営の研究に膨大な時間と資金を費やしました。経営を知らなければ経営の中で生きる会計を考えることは出来ないからです。
特に小さな会社の最大の課題であるマーケティングに関しては何年もの時間をかけて十分な量の知識を吸収し、自分の事務所経営でも実践をして磨き続けています。

私のお客様との関係でも経営面でのご相談をいくつも受け続け少しずつですが結果を残し、お客様から確かなご支持をいただけるほどになったと自負しております。

同業では私ほど経営というものを追求してきた人間はいないと思います。少なくとも私は知りません。
もちろん、マーケティング、組織設計、生産管理等、それぞれの分野の専門家をしのぐとは思っていません。

しかし、自分の専門領域である会計を、最も役に立つ形で経営者を正しく導くためのツールに仕立てることは出来ます。会計の数値から分析された結果を受け、経営面で理論的な裏付けのある確かな施策をご提案することもできます。

「経営に役立つ会計」を模索した結果の具体的な表れの一つが経営計画です。それが弊社の強みであり特徴です。

 

自社の利益よりもお客様への貢献

私の事務所は規模も小さく、社歴も浅いです。

専門的で特殊な業務にたけているわけでもありません。

しかし、「経営に役立つ会計」という側面では他の事務所に劣るものではないと自負しております。


私も含めた多くの会計事務所はその生き残りを真剣に考えています。
その結論が多くの会計事務所の場合「自社の利益」であるのに対して、私の場合は「お客様への貢献」である点も大きな特徴です。

長い時間をかけて経営を研究し「お客様への貢献」が最も重要であることを、ただのスローガンではなく、理論的にも正しいことを確信しています。

 

私の事務所の場合には「お客様への貢献」を真剣に考えています。

ですから、本当にお客様に必要なことであれば時間も採算も無視して徹底的に出来る限りのことを尽くします。
時には、お客様に厳しいことを言うこともあります。

お客様に求める資料が大量になることもあります。

お客様にやっていただくワークの負担が大きくなることもあります。
あくまでお客様との合意があったうえですが、お客様への貢献につながると確信できれば、お客様との摩擦すら恐れることはありません。

それは他の会計事務所では絶対にありえないことです。

「お客様への貢献」と「経営と会計の在り方の追求」この二つに真剣に取り組んでいるのが弊社の強みであり特徴です。