はじめての税理士

会社を辞めて開業する。

最初のうちは自分で経理をやることになります。

 

しばらくすると、自分ではやりきれなくなって税理士を頼もうかと考える。

 

しかしながら、初めてのことですから何を基準に選んでいいかわかりません。

そのため、初めての税理士選びに失敗してしまう人もいます。

 

酷い人になると税理士にお金を払っているのに、

決算・申告が出来なかったという人もいます。

 

そこで、税理士を選ぶたった一つのポイントについてお話しします。

 

それは・・・

 

会計ソフトの入力は絶対に任せること

会計事務所の仕事は売上と直接かかわりがありません。

 

ですから、何とかして安く済ませたくなるのが人情というものです。

 

そんな時に会計事務所が決まって言うのがこれ。

 

「会計ソフトの入力を自分でやってくれれば、顧問料だけでいいですよ」

 

会計ソフトの入力は、会計事務所にとってはあんまりいい仕事じゃない。

手間も時間もとにかくかかる。そのうえ記帳代行業者も巻き込んだ価格競争が本当に酷い。

正直言って赤字の仕事です。

 

だから、本音を言えば会計ソフトの入力なんてやりたくない。

 

会計事務所からしたらお客さんから報酬を値切られたら、

どうしてもやりたくない仕事を切り飛ばしたくなります。

 

だから、会計ソフトの入力をやらない方向で話を進めます。

 

「売上は下がるけど、効率の良い顧問契約だけ残せればまあいいか。」

それが会計事務所の本音です。

 

会計ソフトの入力は素人には無理

会計ソフトも昔に比べて随分使い勝手が良くなりました。

それに、いまではfreeとかマネーフォワードなんて、安いクラウドサービスも出来ました。

 

みんなが口を揃えて、

「簿記の知識がない人でも経理は出来ます」

なんて言いますがそんなの嘘ですからね。

 

簿記の3級くらいは最低限知らないと、絶対無理です。

 

その位の知識がなければ、会計ソフトの説明書が理解できません。

出てくる単語の意味が分からないから。

 

どうにか調べながら聞きながらやるにしても、

とにかく時間がかかってどうにもなりません。

 

現実問題として知識0の人が経理をやるのは不可能です。

いまさらそんなこと勉強するのも大変でしょうから、しっかり丸投げするの一択です。

 

丸投げさせてくれるところを選びましょう

ですから、初めて税理士を選ぶなら、

「領収書を送ってくれたら後は全部やります」

というところにしましょう。

 

多少値段は高くなっても、それ以外の選択肢はないと思った方が良いです。

 

それと、「顧問料」をとらないところ。

少なくても「顧問」というのが何をやるのか。

その値段の根拠は何かはっきり説明できるところにしましょう。

 

 

 

 

Follow me!