節税はお金持ちのやること

このあいだ交流会に行って面白い話を聞いて来ました。


それは、節税に関することです。
あなたも税金は払いたくはないですよね。

 

せっかく命がけで稼いできたお金を、
よくわからない理由で持っていかれるのは悔しいと思います。

 

私ももちろん気持ちとしてはそうです。
もっとも、悔しがるほど稼いでるわけではありませんが(-_-)zzz

 

ただ、その一方で経理や経営を勉強してきた私としては、
自分のためにも税金は正しく払うべきだともずっと思っていました。

 

きれいごとではないですよ。
これには、ちゃんとした理由があります。


ですから正直に申し上げますと、私は節税をやたらと勧める税理士が、
大嫌いです。

 

先日お会いした社長は、
そんな私の気持ちをたった一言で代弁してくれました。
とてもいい言葉なので、あなたにもお伝えしたいと思います。


その社長がなんと言ったかというと、


「金もないくせに節税を考える奴は困ったもんだ」


ということです。

あなたはこの言葉の意味をお分かりでしょうか?

節税をするのはお金が欲しいから。
お金が欲しいのはお金が無い人です。

ですから、この言葉は矛盾しているようにも聞こえます。
しかし、そうではないんです。


あなたは節税をするにはどうすればいいかご存知でしょうか?
細かいやり方は色々ありますが、基本的には、

「会社のお金を減らす」

この方法しか無いと思ってもらっていいと思います。


誤解を恐れずに大雑把にいうと
税金は儲けたお金の40%で計算します。

40万円節税するには100万円儲けを減らさないといけません。
40万円を増やすために100万円を減らす人が一体どこにいるのでしょうか?
しかし、実際にはこういうことを平気でやる人がいます。

 

もちろん、ただ100万円を減らすわけではありません。
100万円分の保険や車を手に入れることも出来ます。

 

ですから、よく考えてほしいのです。
100万円の車と60万円の現金。
今のあなたにとってどちらが大切なのか。

 

もし、今あなたにお金が無いのであれば、
60万円の現金のほうがずっと大切なはずです。

 

もし、あなたが使い道のないお金をたくさん持っているのであれば、
60万円の現金よりも100万円の車のほうが価値があるかもしれません。

 

節税というのはこういうものです。
どうかあなたはこのことを間違えないでください。


節税をするのはお金が余って使い道のない人。
お金が無い人は節税をしてはいけません。

「金もないのに節税するな」

です。

Follow me!