私達は「起業家を生活の不安から解放する」ための事業を行います

リストラの日常化や年金問題等で将来の生活に不安を感じている人がたくさんいます。

実際に私もそうでした。

そう感じる人の中には会社を辞めて起業する人がいます。

会社に依存せず自分の力で生活を守れるようになるためです。

しかし、多くの人はなかなか上手くいかず言葉にならないような苦しい思いをしています。

 

家賃と食費をまかなえずに貯金がみるみる減っていく時の恐怖は経験した人にしか分からないかもしれません。

「このままでは本当に全てを失ってしまう」

そう思ったときの胸を締め付けるような息苦しさは言葉では伝えられません。

 

将来の生活に不安を感じて起業した結果、今の生活を破たんさせてしまう。

こんな皮肉なことがあってよいでしょうか。

 

もし、そんな方が生活が成り立たくなる不安・恐怖から解放されて、毎日を自由にのびのびと生きていけるようになれたら本当に素晴らしいことだ思います。

 

そして、それは社会的にも大きな意味があると考えています。

起業という手段が生活を守る方法としてもっと精度が上がれば、これからの不透明な世の中で多くの人が救われることでしょう。

救われた起業家によって社会を変えるような新しいサービスが生み出されるかもしれません。

よりよい雇用も生まれてくるはずです。

 

起業を考えていない人にとっても「いざとなったら会社に頼らず自分の力で生活を守っていける」と当たり前に思えたらどれだけ世の中良くなるでしょうか。

起業家が生活の不安から解放され、そのことが広く知れ渡ったら、こんな時代でも働く人すべてが暮らしの心配をしないで済むようになるのではないでしょうか。

 

私自身、大手監査法人でのサラリーマン時代に企業のリストラがどういうものか身をもって経験しました。

「本当に会社を首になったらどうしよう」そうやって将来の生活に不安を抱えて悶々としながら生きる苦しさを知りました。

独立後もなかなか事業は軌道にのらず貯金を取り崩しながら「すべてを失う恐怖」と向かい合ってきました。

そんな私だから、かつての私と同じように仕事や生活に不安を抱えている人がいたら、その不安から解放してあげたいと思うのです。

 

だから私は「起業家を生活の不安から解放する」ことを事業の目的にしました。

生活不安からの解放=社員を雇う前に月商150万円

起業家が生活の不安から解放されるには、具体的にどうなればよいのか。

私は「社員を雇う前に月商150万円」が達成できれば、事業を成長軌道にのせ生活の不安を感じることはなくなると考えています。

 

私の経験上、社員を雇う前の一人事業主は月商の半分程度が利益として残ります。(原価がある場合は粗利の半分)

仮に150万円のうち70万円が利益として残るなら、そのうち40万円を自分の給料としても30万円残せる計算になります。

この30万円という金額がとても大きく、これにより選択肢が一気に広がります。

 

例えば、この段階で月20万円の社員を雇うこともできるでしょう。

かなり実績のある優秀なコンサルタントに定期的に経営の相談をお願いすることもできます。

WEBやDMを使った広告も本格的にテストすることも可能です。

特に何もせず全て自分の給料としても十分余裕をもって生活できるでしょう。

ここまで来れればお金の問題を抱えることはもうありません。

後は自由に自分の仕事を伸ばしていくことが出来るようになります。

 

月商150万円を実現するための情報提供が私たちの役割です

生活に不安を抱える起業家は自分の生活費を確保するのが精いっぱいで、お金と時間がありません。

ですから、この段階の起業家には出来ることがほとんどありません。

 

そんな状況で月商を150万円にするには、本当に小さな無駄を少しずつ削ってお金と時間を作りだし、そのわずかなお金と時間を事業の成長のために正しく使う必要があります。

 

お金と時間を作るためには帳簿の記録が不可欠です。

円単位で収支を計算し、数百円単位の無駄を削って数千円、数万円にする。そのお金と時間を売上アップのための活動に充てるのです。

そしてその活動は本当にわずかなものですから、月商150万円に向けて正しく使われなければいけません。

 

私達は会計事務所です。記録を作り無駄を見つけ、活動に必要なお金と時間をつくり出すことは他の誰よりも得意です。

また、仕事がら多くの起業家が0から初めて仕事と生活を軌道にのせるまで何をしてきたのかを長きにわたって見てきました。

ですから、会社を辞めてから事業を軌道に乗せて生活を安定させるために本当は何をしなければいけないのかを知っています。

 

つまり、私たちは会計というツールで少しだけ余力を作り、そのわずかな余力を月商を150万円にして生活を安定させるためにどう活用すればよいかお伝えすることが出来ます。

それが私たちの果たすべき役割です。