業務内容

領収書と通帳の控えをお預かりして弊社の会計ソフトで各種帳簿と決算書を作成します。

面談の予定はありませんが、電話・メールでの質問はいつでも受け付けます。

また、事前に申し出ていただければ直接お会いしてのご相談も無料でうけたまわります。

 

お客様に納品する成果物

  • 決算書(個人事業主は青色申告決算書)
  • 試算表
  • 総勘定元帳
  • 仕訳日記帳

決算書は年1

その他の帳簿は資料をお送りいただいた都度作成いたします。

※税務署へ提出する確定申告書、法定調書の作成は帳簿作成に含まれません。

料金

(領収書の枚数+通帳・クレジットカードの明細の行数)×100

 ※ご希望があれば請求書の入力も行います

 

業務の流れ

領収書・通帳データ(又はコピー)を郵送していただきます

こちらで書類の枚数等をカウントして作業料をお知らせします。

入金後作業開始。書類の内容等について不明な点をお伺いし帳簿を作成します。

お預かりした資料と作成した帳簿をお送りします。

 

帳簿作成サービスの特徴

一般的な会計事務所に帳簿作成を依頼すると作業代のほかに必ず月額顧問料の支払が発生します。

月商150万円に満たない起業家にとっては両方合わせるとかなり高額になります。

しかし、この段階の起業家は日常的に経理・税務の相談事があるわけではないので顧問料は必要ありません。

 

帳簿作成は記帳代行業者も顧問料なしで請け負っています。ただしこちらは「毎月100仕訳まで1万円」という段階的な料金設定です。

さらに決算に不可欠な作業がオプションとして別料金になっていることもあり、基本料金だけを見れば安く見えますが、実際には顧問を頼んだのと同じくらい高額になる場合が多々あります。

 さらに料金設定に登場する「仕訳」や「発生主義」という用語を正しく理解している起業家もほとんどいませんから、自分が支払っている金額が作業量に見合う適正なものかどうかも判断が出来ません。

  

私達は月商150万円を目指す起業家のために仕事をしています。

そのためこの段階の起業家には不要な顧問料を廃止し作業料のみにしました。 

また、料金設定は「仕訳」や「発生主義」といった簿記の用語を廃止し、「領収書1枚」「通帳1行」といった書類の量を基準に料金を設定しています。

簿記の用語が分からない方でも依頼する作業量に比べて支払額が適正なのか判断できると思います。

 

料金そのものも段階的に値上がりするのではなく、書類1枚いくらという完全従量制にすることで誰であっても常に作業量に応じた適正な支払額になるようにしました。

 

1カ月無料

実際にいくら支払うことになるのか。

領収書や通帳の準備はどの程度行えばいいのか。

実際にどのくらいの負担感でどのような成果物が得られるのか。

そういった疑問は言葉で説明するよりも、実際に体験してもらった方が分かりやすいと思います。

 

そこで、1カ月分の帳簿を無料で作成するサービスを行います。

そして、実際にその作業でいくらになるのかをご報告します。

ご自身の負担感や成果物を実際に手に取って体験してください。