私達の会計サービスについて

私達は「起業家を生活不安から解放するために、月商を150万円まで引き上げること」を最大の目的としています。

 

そして、そんな私たちの会計サービスの目的は、

 

「月商150万円を実現するために、お金と時間を集中すべきポイントを明らかにする」ことにあります

 ただし、そのような目的があっても会計サービスとして税務申告を正しく確実に行うという最低限の役割は果たさなければなりません。

 さらに、私たちのお客様は時間とお金に余裕がないうえに、ほとんどの人が経理・税務に係るのは初めてです。

 

したがって、

「お金と時間を集中すべポイントを明らかにする」という目的を果たすと同時に、

 

・税務上必要な手続きを確実にするため、月額制の税務顧問より日常業に重点を置いた手厚いフォローをする

・会計ソフトの入力、経費の集計のような作業を可能な限りお客様に残さない

・最低限の支払額に抑える。

 

ことが必要です。

 

 

そこで私たちは会計業務に次のような工夫をしました。

 

・一般的な顧問契約に含まれている「帳簿作成」「税務代行」「経営分析」をそれぞれ独立した3つのサービスとして、顧問契約は廃止しました。

・「月額○○円」という料金設定はやめ、それぞれのサービスに作業量に応じた異なる料金体系を設定しました。

・一般的な顧問契約のように「月1回の面談」という形式はやめて、各サービスごとに面談や作業のタイミングと回数、一回当たりの時間を変えています。

 

 

これにより、お客様の目的に応じて、必要なサービスのみを適切なタイミングで重点的に提供することが可能になりました。

従来の顧問契約よりも少ない時間とコストで必要十分なサービスを提供します。

そして、本当に必要なサービスのみを提供するので支払いは最低限に抑えています。

 

限られたお金と時間のなかで、事業と生活の安定を可能にするサービスになったと考えております。