社会保険労務士A先生 30代・女性

 30,000円の顧問報酬が毎月7,000円に
「公平な料金の決め方で気持ちよく仕事をお願いできます」

 

私は開業して3年の社労士です。

独立してから記帳と申告は自分でやっていましたが、徐々に忙しくなってきたので会計事務所に仕事をお願いしたいと考えていました。

 

しかし、いくつかの会計事務所に話を聞いてみると、年商で報酬を決めているところが多く、私のような小さな事務所でも顧問料等々で毎月3万円はかかるといわれました。

 

私の年商はそのころで1,000万円をすこしこえる程度でしたが、細かい仕入もありませんし、領収書や通帳の出入りは開業当初とそれほど変わりません。

 

作業量が変わらないのに年商で高い料金にされるのが納得できず、会計事務所に作業を頼めずにいました。

 

そんな時に、知り合いに吉田先生をご紹介いただきました。

吉田先生の場合は、年商に関係なく領収書の枚数と通帳の行数という作業量で料金を決めています。

私のように年商のわりに取引が少ない事務所には本当に割安で助かりました。

 

今までは月額3万円より安い金額を提案してくれた会計事務所はなかったのですが、吉田先生のところでは毎月7,000円前後で収まっています。

月によって多少の変動はありますが1万円を超えたことはこの1年で1度もありません。

 

お金の面も大きいですがとてもフェアな料金の決め方で、仕事をお願いして気分がいいです。

 

今は支払も小さいですが、もっと頑張ってたくさんお支払いできるように事務所を成長させていきたいです。

 

 

内装業Bさん 20代・男性

 

繁忙期を避けて経理をお願いできるので助かっています。

 

 

私は主に内装関係の仕事をやっている大工です。最初は個人事業でやっていましたが、取引先から法人にしてくれないと発注が出来ないと言われて法人化しました

経理は全然分からないので、最初は知り合いの社長に紹介してもらった税理士にお願いしていました。

 

しかし、その税理士は私には合いませんでした。

 

私の仕事は引っ越しシーズン前の年明けから3月にかけて非常に忙しいです。

案件が非常に多いうえに私自身で現場に行かなくてはなりません。

現場での作業も土日や深夜行われることも珍しくなく、不規則で拘束も長いです。

 

そのため、この時期は税理士から渡されたエクセルに経費をまとめる時間もとれず、月の記帳も顧問としての面談も行うことが出来ません。

 

もちろん、こちらの都合でそうなったわけですから、そのことについて文句を言うわけにも行きません。

しかし、何もしてもらっていないのに自動引き落としで顧問料と記帳料が毎月落とされるのは納得いきませんでした。

 

吉田先生の場合、資料を送って帳簿を作ってもらう都度の支払なので、何もしてない月も自動でお金が引き落とされることがありません。

繁忙期を避けてこちらに余裕がある時にまとめて経理をしてくれて、しかも支払もその時にすればよいのでとても助かります。

料金の決め方も支払のタイミングも本当に分かりやすくて、気分よく仕事をお願いできます。

 

吉田先生をご紹介いただいて本当に良かったです。

 

 

WEBデザイナー 30代・男性

 

お金だけとられる「顧問」というサービスにイライラしていました。
そんなイライラがなくなって料金も半額になりました。

 

私はホームページ制作の会社をやっています。

簿記の知識は全くありませんでしたが、独立してからしばらくはネットで調べながら自分で経理をやっていました。

間違っているところもたくさんあるでしょうが、赤字で税金の支払も0でしたから特に問題はないだろうと思ったからです。

 

しかし、それなりに売上・利益が出始めて税金の金額も大きくなってくると、あまりいい加減なことをするのも怖くなってきました。

そこで、経理・申告に誤りが無いように税理士に顧問を頼むことにしました。

 

 

私はホームページで税理士を探しました。

開業30年の実績のある事務所で報酬も月額2万円と無理のない金額だったので、ここにお願いしました。

 

 

ところが顧問になってもらったのはいいのですが、その税理士は会社に来ることもありません。領収書や請求書と帳簿のチェックもしてくれません。

 

一応こちらで作った試算表をおくっています。

税理士はそれを見ていると言っているのですが、それで一体何がわかるのか疑問でした。

現に「これを直した方がいい」なんて話を一度も聞いたことがありません。

 

毎月2万円も払っているのに税理士が一体どんな作業をしているのか全然わかりません。

お金だけとられているような気がして本当に嫌な気分でした。

 

吉田先生はたまたま知人の紹介でお会いしました。

吉田先生の場合は、会計ソフトの入力や申告書の作成といった作業ごとの料金なので、作業内容が非常に明確です。

 

前の税理士の顧問契約のように何に対してお金を払っているのか分からないということがないので、変なストレスがなくなりました。

 

それに一番大きいのはコストが圧倒的に変わったことです。

今までは会計ソフトの入力を自分でやって月2万円だったのが、吉田先生は会計ソフトの入力を全部お任せして支払が半額の1万円になりました。

 

こんなに違ってしまったのは本当に驚きました。

結局、以前の税理士は「税理士の顧問報酬は最低2万円から」という何となくの相場で値段を付けていたのがよく分かりました。

 

最初から吉田先生にお願いできていればよかったと思います。